借入ナビゲーション

借入がしやすいキャッシング会社には、どこの会社もカードローンを取り扱っているという共通点が実はあります。誰もが知っているような大手の銀行や消費者金融のほうが、幅広い年齢層をターゲットにしてお金を貸しているので安心・安全に借りやすいということもあります。
そこで、安心できる有名な8つの会社の借入を比べて見てみることにしました。


8つの会社の借入を比べてみる

銀行と消費者金融の2つに大きく分けることができます。

銀行/消費者金融 会社名 金利 申込可能な年齢
銀行 三井住友銀行 年4.0%~14.5% 満20歳以上65歳以下
三菱東京UFJ銀行 年4.6%~14.6% 満20歳以上65歳未満
新生銀行カードローン レイク 年4.5%~18.0% 満20歳以上70歳以下
オリックス銀行 年3.0%~17.8% 満20歳以上65歳以下
ソニー銀行 年2.5%~13.8% 満20歳以上65歳未満
消費者金融 アイフル 年4.5%~18.0% 満20歳以上70歳未満
プロミス 年4.5%~17.8% 満20歳以上69歳以下
モビット 年4.8%~18.0% 満20歳以上65歳以下

安心や安全という言葉を聞くと思い浮かぶのはやはり銀行でしょう。
また、大手消費者金融の多くは銀行のグループ会社であることが多く、プロミスとモビットは三井住友銀行グループです。そういったグループ会社はやはり借入も安定しており、ランキングや比較サイトでも上位を占める人気があります。

学生また、キャッシングの共通点として借入の申込可能な年齢が満20歳以上になっていることに注目です。この場合、満20歳と20歳以上で違いはあるのか気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、20歳の誕生日を迎えていればどちらも満たしているので大丈夫です。
つまり何が言いたいのかというと、学生の方でも借入を利用することは可能ということです。もちろん本人にある程度安定した収入があることが大前提ですが、きちんと返せる見込みがあるならば目的が何であれ、お金を借りるという選択肢もあるということを覚えておくと良いですよ。


キャッシング会社の安心できる一言コメント

~銀行~

三井住友銀行カードローン 三井住友銀行
安心と信頼のメガバンクその1。借りられる限度額である極度額は最大800万円まであり、10万円単位でその上限を増額することができます。普通預金キャッシュカードを持っている方は、新しくローン専用カードを発行しない選択をとることもできます。
三菱東京UFJ銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン
 安心と信頼のメガバンクその2。みずほ銀行を加えて3大メガバンクと呼ばれています。バンクイックにはフリーターや学生だけでなく、本人に収入がない主婦の方でも配偶者に収入があることが証明できれば、申し込むことができます。
新生銀行レイク 新生銀行カードローン レイク
もともと消費者金融だったレイクは2011年に新生銀行のカードローン商品となりました。貸付条件は消費者金融とほぼ同じですが、銀行の金融商品となったので総量規制の壁を越えて借入を利用することが出来ます。
オリックス銀行 オリックス銀行カードローン
黒いローンカードがカッコいいオリックス銀行カードローンは、提携ATMで取引するときの手数料が無料という大きなメリットがあります。キャッシュカードなら絶対手数料を取られてしまうような時間帯でも、このローンカードなら安心してお金を借りることができます。
ソニー銀行カードローン ソニー銀行
この銀行の魅力はなんといってもメガバンクよりも低い金利です。年2.5%~13.8%というのは業界最低水準と言っても過言ではないでしょう。また、10万円以下の借入であれば月々2,000円から返済することができるので、余裕を持った無理のない計画を立てることができて安心です。

~消費者金融~

アイフル アイフル
銀行グループではないものの、昔からある消費者金融としてアイフルは幅広く知名度が高いです。安定している貸金業者の1つで、サービスで3つのSを掲げているようにわかりやすいキャッシングが人気です。最近のCMでは女性向けコンテンツに力を入れているようです。
プロミス プロミス
三井住友フィナンシャルグループのプロミスは上限金利が17.8%と他の消費者金融よりも少しだけ低いです。その中で初めてキャッシングを利用する方に向けて無利息サービスを提供しているのは、プロミス、アコム、ノーローンだけです。
モビット モビット
 モビットといえばなんといってもWEB完結申込が有名で、審査を通過する上でしなければならない勤務先への電話確認を避けることも可能です。また、口コミによればインターネットで申し込みをしてから結果がわかるまでが早いことも、人気の理由の1つとなっています。

ここまで見てもまだ借入に不信感を抱いている方はいらっしゃるでしょう。
これまでにキャッシング会社を利用したことがない方は、借入についてまだあまり多くを知らないはずです。不信感はその無知から来ていることが多いので、現在のキャッシングについてもっと知識を付ければ正しい判断ができるようになって安心・安全な借入先を選べるようになりますよ。


現在の借入の主な流れATM

現在は店頭窓口・電話・郵送の申し込みだけでなく、インターネットや無人契約機を用いた申し込みも主流になっています。なぜかというと、そのほうが、入力する方もそれを審査して結果を出す方も早く済むからです。そのため、多くの貸金業者で最短即日融資が可能となってきています。ある時、イレギュラーな事態で急にお金が必要になっても対応できる会社が増えてきています。


違法な利息を課せられることはない

数年前にあった貸金業法の改正から、現在は利用する借入額に応じて18%以下の金利が適用されるようになりました。以前まで利用者を食い物にしていたグレーゾーン金利は、いくら借りてもおよそ29%まで上乗せすることができる法の抜け道として扱われていましたがちゃんと撤廃されました。