幅広いニーズに応えるプロミスのフリーキャッシング

三井住友銀行グループのプロミスは、消費者金融ランキングの中でも常に上位に載っていることが多いことから人気が高いことがわかります。消費者金融の中では若干低い金利や初めての利用者に向けた無利息サービスなど、誰でも使いやすいキャッシングが強みです。(->借入ナビゲーション)最近のCMでは「やっぱりプロミス」をスローガンに積極的な広告活動を行っているのが伺えます。


やっぱりプロミスと言わしめるキャッシング

プロミス
フリーキャッシング
プロミス フリーキャッシング
金利  年4.5%~17.8%
利用限度額 500万円
収入証明不要 50万円
遅延損害金 20.0%
申込方法  インターネット、自動契約機、ご相談、郵送
申込可能な年齢 満20歳以上69歳以下
イチ推しのサービス 初回無利息サービス

プロミスの良いところを一言で表すとすれば、さまざまな方にとって利用しやすい消費者金融の理想像にもっとも近いところでしょう。金利・申込方法・サービスを他の業者と見比べてみると、それぞれいくつかの点で優れていることがわかります。

少しだけ優れた金利

まず着目すべき点としては、プロミスは他の消費者金融よりもほんの少しだけ上限金利が低いです。具体的には、大半の業者が上限18.0%としている一方で、ここは上限17.8%としています。差そのものはわずかなものですが、候補を絞るのが難しい消費者金融での初めての借入先選びにおいて、この差は大きく見えるでしょう。

初めてに優しい無利息初心者マーク

新生銀行レイクでもご紹介した、初めての借入に向けた無利息サービスはプロミスにもあります。初回借入日の翌日から丸々30日間は借りたお金に利息が発生しないので元金だけを返済すれば良い、という初めて借入をする利用者に優しいサービスとなっています。このサービスを行っている消費者金融は他に、「アコム」と「ノーローン」があります。


申込方法の多さで幅広いニーズの借入を実現

上にある大きな表に載せている申込方法の内訳から、さらに細かく多くの申込方法があります。

申込方法 詳細
インターネット パソコン、ケータイ、スマートフォン
自動契約機 プロミス自動契約機、三井住友銀行ローン契約機
ご相談 電話(プロミスコール)、店頭窓口(お客様サービスプラザ)
郵送 郵送(来店不要)

これらのうち使い勝手が良いのはインターネットと自動契約機の2つです。

24時間申し込めるインターネット

インターネットに接続できるものであれば、パソコン・スマートフォン・タブレット・ケータイさまざまな媒体から借入の申し込みをすることができます。申し込みが完了すると、最短30分の自動審査で契約可能額を教えてくれます。そのため、いくらまで借入可能なのか本契約前にわかるのが嬉しいポイントです。本契約は、Web・来店・郵送の3パターンから好きな方法を選ぶことが出来ます。

グループを活かした自動契約機カード

冒頭でも述べた通りプロミスは三井住友銀行グループです。そのため自社の自動契約機だけでなく、三井住友銀行ローン契約機を使ってフリーキャッシングの申し込みをすることもできます。プロミスのローン契約機であれば朝の9時から夜の10時、三井住友銀行ローン契約機であれば朝の9時~夜の9時まで、土日祝でも利用することができ、その場でローンカードを発行することができるのでとても使い勝手が良いですよ!


返済もさまざまな場所で取引可能

プロミスの返済方法は大きく分けて2つ、インターネットと店舗(ATM)からになります。

便利な会員サービスのインターネット返済

インターネットに接続できれば、24時間いつでも瞬時に手続きを済ますことができるのがこの方法の良い点です。プロミスの会員登録をしている、または三井住友、三菱東京UFJ、ジャパンネット、みずほ、楽天、これらの銀行のインターネットバンキングを利用しているなら、すぐに手続きをすることができます。

ATMだけでなく窓口からもOK

最近ではATMでの取引が主流になってきていますが、プロミスは店頭窓口のサービスプラザでの返済もできます。従業員と計画など相談をしながら返していきたいという方にはおすすめです。
自分でしっかり管理できるという方はプロミスATM、提携ATM、コンビニ払い、銀行振込の中から返しやすい方法を選びましょう。


次->モビットのカードローン