クレカやキャッシュカードとカードローンの違いとは

世の中には多くの「カード」があり、カードローンもそのうちの1つです。金融商品には他にクレジットカード(以下、クレカ)やデビットカード、キャッシュカードなどさまざまなものがあります。(->借入ナビゲーション)ここではローンカードと似た機能を持つため混同されがちなクレカやキャッシュカードとの違いについてご説明いたします。


借入に用いられるカードについて

クレジットカード最近では、銀行や消費者金融からの借入にローンカードが多く用いられており、決められた限度額内で自由に借入・返済ができることで利用者が増えて人気が上がっています。
一方で銀行の中には、普通預金口座のキャッシュカードにそのままローン機能を付帯する手法も用いられており、キャッシュ兼ローンカードのように扱うことができるものもあります。(例:三井住友銀行
消費者金融には口座がないため、それがある銀行ではキャッシュカードにローン機能をつけるか、新しくローンカードを発行するか選ぶことができるところが多いです。


クレカとカードローンの仕組みの違い

違法カードローンは借入を目的としており、提携ATMなどからその場で現金を借りることができます。それに対して、クレカは支払決済が目的のカードであり、現金を引き出すことはできません。ただし、引落先の口座残高が不足していた際に、それを補うためキャッシング枠というものがあります。
比べると、好きな時に借入ができるかできないかという明確な違いがあります。
間違っても、クレカを現金化するなどの違法なことはしないように気を付けましょう。


次->会社員じゃないけど借入をすることはできる?