借入をしたら重い借金や金利を課せられるから怖い

法外な借金キャッシングを利用するのが怖いあるいは不安だ、という方の多くは現在の貸金業そのものに対して間違った知識を持っていたりよく知らなかったりすることがほとんどです。(->借入ナビゲーション
結論から言うと、現在のキャッシング会社が利用者に法外な借金を負わせるようなことはありません。それには、ここ数年で借入そのものに抜本的な法改正があったからです。


見直された借入の利息

%改正前の利息にはグレーゾーン金利という法律の抜け道がありましたが、現在ではそれも撤廃されて、より安心安全な借入をすることができます。
ざっくばらんに説明すると、改正前は場合によって借入額がいくらであっても金利をおよそ29%までなら課すことができるというものでした。一方で、現在の金利はその額によって決まるようになっており、上限も18%まで下げられました。


新たに加えられた総量規制

総量規制法改正によって、借入には新たに総量規制という決まりが設けられました。
これは、利用者が借り入れたお金を返済につかったりすることで、さらに借金を負う多重債務の状況に陥らないようにするためです。
年収の3分の1を超える借入はこれによってできなくなり、それ以上の金額を借りたい場合は、対象外となる銀行を利用することになります。


次->クレカやキャッシュカードとカードローンの違いとは