銀行で借入する際に気を付けたいこと

消費者金融と銀行はお金を借りる事の出来る場所として有名ではありますが、その違いをご存知でしょうか?大きな違いは総量規制の対象であるか対象外であるかと言う部分で、これは借入する際大きく関係してくるものなのです。
消費者金融は対象となっておりますので年収の3分の1と制限され、銀行は対象外の為年収に見合った範囲内となっています。(->借入を自力で返すのが困難だと感じたら)銀行は対象外であるからといって多額の借入をしてしまう方が多いため、少額に留めておくべきではないかと思います。


専業主婦は銀行で借入出来る

消費者金融は規制の影響で専業主婦の方の申し込みが不可となっているため、利用することが出来ません。
銀行は関係ありませんので、審査の際に配偶者の同意や所得証明書を提出すれば借入することが可能なのです。
もちろん、収入がありませんので利用限度額は最高でも30万円と設定されている場所が多くなっています。
限度額の変更をしたくても審査を行なってもらう事が不可となっていますので、上手に借入して返済することが重要ですね。


即日融資や審査が難しい

訳あってどうしても今日中にお金を借りたい場合、銀行を利用するのは避けた方が良いでしょう。
銀行は即日融資や審査に対応していませんので、しばらく時間や日にちが経ってから結果が知らされたり融資を受ける事になります。
もしも、今すぐ借入をしたいという事であれば消費者金融に頼るようにした方が良いです。


次->即日で借入がしたいなら消費者金融