信用情報とそれを保管している機関について

信用キャッシングでは借入のほとんどが信用貸しによって成立しています。審査を受けることでキャッシング会社側の求める条件を満たして信用してもらい、その分の借入をすることができるというわけです。そのため、これはとても重要な要素と言えるでしょう。(->借入ナビゲーション
そこで今回は、信用を判断するための情報はどこにあって、何をしてしまうと借入の審査に影響してしまうのかをご説明いたします。


借入における信用の重要性!

審査にかかる時間や難易度」のページでもご紹介した通り、返済情報と信用情報は借入の審査に影響する大きな2つの要素です。ここでは信用情報についてもう少し掘り下げてご説明いたします。

信用情報機関の存在

保管すでにどこかでお話している、あるいは聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、信用情報を各方面から預かり保管している機関があります。それが信用情報機関という第三者機関で、キャッシング会社はそれらの機関どれかに必ず加盟しています。今のところ日本には3つの機関があり、それぞれ日本信用情報機構、シー・アイ・シー、全国銀行個人信用情報センターといいます。

どのような時に情報が記録されるか

信用情報に傷が付くとき、つまり何かしらのトラブルがあったときに機関に情報が保管されるようになっています。例えばシー・アイ・シーでは、クレジット情報のうち「本人を識別するための情報」や「貸金業法対象商品の支払状況に関する情報」は契約中および取引終了後から5年間も情報が保管されているのです。


信用情報機関はすべて御見通し

STOP短期間に複数の申し込みをすることを多重申込といい、借入をする際にしてはいけないことの1つとなっています。「1社に申し込みをしても審査に通過できるかどうか不安だから、もう1社申し込んでおこう」というお気持ちはわかりますが、その申し込みすらも信用情報機関に見られているからです。

なぜ多重申込をしてはいけないのか

一言で簡単にいうと、信用情報機関に情報が保管されてしまうからです。それがどういうことかというと、あなたがいくつもの申し込みをしたということがキャッシング会社にバレてしまうことになります。もしそれらの申し込みがすべて審査に通過することになると、あなたは一気に借入を抱えてしまうリスクを背負うことになります。キャッシング会社はそういったリスクを嫌うため、多重申込をする利用者も嫌がるというわけです。

審査に落ちてしまったら半年は大人しく

一度申し込みをした情報は6か月もの間、機関に保管されることになります。最初に申し込みをした審査に通れないばかりか、6か月は不利な状況で借入を利用しづらくなってしまうので気を付けましょう。


次->利息の計算方法と返済シミュレーション