借入・返済方法やATMについて

ATM big申し込み前に必ず確認しておかなければならないことの1つに、借入・返済方法があります。(->借入ナビゲーション)キャッシングやカードローンそのもののスペックが優秀だったとしても、利用するのが困難な状況なら申し込みを諦めざるを得ないからです。
あらためて利用を検討しているキャッシング会社の借入・返済方法を見直すと共に、最近主流となりつつあるATMでの取引についておさらいしておきましょう。


会社毎に異なる借入・返済方法

当然のことですが、キャッシング会社によって借入および返済方法には違いがあります。この会社でこの方法があるのだから、あの会社でもこの方法で借入や返済をすることができるに違いない、と思い込んで申し込みをするのはもう少し調べてからにしてみましょう。

借入方法について

現在の借入には大きく分けて2つ、振込融資とカードローンがあります。銀行ATM
振込融資の場合は、利用者の持っている口座を契約手続きの際に登録するはずですが、この時に会社によって使うことができる金融機関口座と使うことができないものがあります。
また、カードローンを利用する際に気を付けたいのは、提携先ATMとその手数料の有無の違いです。これも、会社毎に「どこの金融機関のATMと提携していて、どこなら手数料無料で、借入営業時間は○時から△時まで…」というように細かい部分が変わってくるのでよく確認しておく必要があります。

返済方法について

もっとも違いが出るのは返済日です。毎月期日が決まっているところもあれば、利用者に都合の良い日に決めることができるところもあるからです。さらには、アイフルのように独自の返済日システムを設けているところもあるので、詳細ページをよく確認しておくことをおすすめします。


広く普及しているATMでのキャッシング取引

窓口でのフェイストゥフェイスの取引の時代は終わりを告げ、現在はATM(現金自動預け払い機)での取引が主流となっています。それと同じように、借入の契約手続きに無人契約機が用いられることが増えて、ATMと併設されている「無人支店」が街中に増えています。

審査の申し込みもネット化

インターネットさらには、インターネットが急速に成長したことで機械越しに申し込みができるようになりました。ウェブサイトや無人契約機から申し込みができるようになったので、24時間いつでもほぼ誰にも知られることなく借入をすることができるようになったのです。

金融機関とコンビニのATM

ATMにも大きく分けて2つ、金融機関とコンビニがあります。金融機関では主に銀行に設置されていることが多く、手数料無料で取引ができるところも多いです。また、コンビニのATMは数が多く、どこにでもあるため場所に困らないというメリットがあります。


次->銀行と消費者金融における総量規制