審査にかかる時間や難易度

確認借入をするためには、キャッシング会社の審査に申し込んでそれに通過しなければいけません。(->借入ナビゲーション)これはどこの銀行や消費者金融でも同じことなので、皆様は申し込みをする前に審査について少し学んで確認できるところはしておいたほうが良いでしょう。


借入前の審査:基準について

何を基準に申込者を審査しているのか、申し込む側の方々にとっては気になるところでしょう。しかし、明確な基準というのは企業秘密にあたるのでそれらは公表されてはいません。あくまで参考としてほしいのですが、返済能力信用情報の2つは影響している可能性が高いとされています。

借入における返済能力とは

キャッシングにおいて、個人が借りたお金の返済を続けることができるかどうかを返済能力と呼んでいます。主に年収、勤務先、勤務年数、住居年数、家族構成などから判断しているとされています。

借入における信用情報とは

キャッシングを含め金融機関全体を通して、過去の取引情報からその個人をどれだけ信用できるかを判断する目安となるのが信用情報です。借りられる金額に直結するので、まとまったお金を借りようとしている方には重要項目です。
30分
各キャッシング会社で基準は異なるので、この2つの項目の中の種類やその他も考慮しなければいけないことを考えると、最短でも30分以上はかかってしまうことがわかるでしょう。


借入前の審査:難易度について

皆様もお気づきかと思われますが、消費者金融よりも銀行のほうが審査は難しい傾向にあります。しかし、それだけ銀行のほうがカードローンのスペックも高く、より低金利で借入をすることができます。その意味では、ほとんどのカードローンにおいてそのスペックと難易度の高さは比例していると言えます。

少しでも通りやすくするためには?

軽減普通に申し込みをしても通過することができるかどうか不安という方は、少しでもキャッシング会社に印象良く見てもらう必要があります。そのためにもっとも手っ取り早い方法は、申し込む際の利用限度額を出来るだけ少なくすることです。そうすることで、会社側にとってのリスク(返済の遅延や借り逃げなど)を軽減することができるからです。

一度に何社にも申し込みをしないこと

銀行に借入の申し込みをしてみたものの、不安だから消費者金融にも申し込みをしておこう…という考えはあまり持たない方が良いです。なぜならば、申し込みの時点から信用情報機関で情報が管理されているからです。多くのキャッシング会社は、この機関の情報を元に申込者の信用を確かめているので、多重申込など不用意な行動は出来る限りしないようにしましょう。


次->借入・返済方法やATMについて