銀行と消費者金融における総量規制

闇金結論から言うのであれば、総量規制とは、キャッシングの利用者が自身の返済能力を超えて個人での借入をしてしまわないように守るための法律です。(->借入ナビゲーション
この法律ができたのはつい最近であって、それまではいわゆる「闇金」がキャッシング業界の印象をひどく悪いものにしていました。金利や借入限度額を決める法律の効力が弱かったこともあり、悪徳業者が好き放題に金利を上げていたという背景があったのです。


個人での借入に限度を設けた総量規制

事業目的ではない個人での借入を、その人の年収の3分の1を超えてはいけないように制限する。それが総量規制という法律です。現在で言うところのフリーキャッシングやカードローンがそれにあたり、利用しているのが1社でも何社でも3分の1を超えてはいけないことは変わりません。

消費者金融で借入する前に

3分の1消費者金融での借入は規制の対象になるため、申し込む前には現在の自分の年収と借入額を把握しておかなければいけません。数社から借入をしている場合は合計額が規制を超えてもいけないので、新たに借入先を増やすときは特に気をつけなければいけません。
また、学生でアルバイトをしている方は、あまり収入が上がってしまうと両親の扶養から外れてしまうことなどもあり、年収が100万円に満たないこともあります。その3分の1というと30万円程度になってしまいますから意外とあっという間ですよ。

実は銀行は規制の対象外

それに対して銀行での借入はどうなのかというと、実は規制の対象外となっています。だからといって好きなだけ借りられるわけではなく、もちろん銀行側の審査で限度額の上限が決められます。少額キャッシングが向いている消費者金融に対して、銀行は中から大のまとまった金額を借りようと検討しているときに助けになるでしょう。


目的のある金融商品も対象外

おまとめローンカードローンやフリーキャッシングのように借りる目的が決まっていない金融商品というのは、十中八九総量規制の対象になっています。しかし銀行でも消費者金融でも、目的のある金融商品は対象外として扱われます。住宅・自動車ローンを始めとして、緊急の医療費の貸付、個人事業者の貸付などがありますが、その中にはおまとめローンも含まれています。
借金の返済を目的として低金利など条件の良いローンに借り換えをする金融商品なので、規制の対象外として扱われているのです。銀行だけでなく消費者金融のおまとめローンも対象外なので、複数の会社からの借金で首が回らなくなってきていると感じたら申し込みを検討しましょう。


次->信用情報とそれを保管している機関について